神前式

白無垢に三々九度の杯…神前式の結婚式は、和の香りが漂う厳粛な雰囲気の結婚式という印象があります。最近行われている結婚式のスタイルの中では、この神前式結婚式か教会式結婚式がもっとも多くどちらも人気の高い結婚式スタイルのようです。日本の伝統的な結婚式というイメージがある神前式の結婚式ですが、現在の形式は明治33年に行われ始めたもので、比較的新しい結婚式といえます。神前式の結婚式を好む人が多いのは、神社が昔から日本の生活の近いところにあったため、伝統と新しさの両面を持つ結婚式のスタイルだからといえるかもしれませんね。

神前式の結婚式って?

神前式の挙式は一般的に、新郎新婦と親族、仲人が参列して行われるため親族同士の結びつきが深く感じられる結婚式でもあります。縁結びの神社などで神前式を行うときには、赤い糸を小指に巻き、挙式を行う場合もありムードも満天です。

神前式の内容・次第

もともとは神社などで行われることの多かった神前式ですが、多くのホテルや結婚式場でも神前式の挙式が行えるようになっています。最近ではハウスウェディングやレストランウェディングでも神前式で挙式ができるところも出てきました。

三献の儀神前式では、新郎新婦が結婚することを報告する、という形で祝詞が読まれ、「三献の儀」と呼ばれる三々九度の杯を新郎新婦がかわします。その後で「玉串奉奠(たまぐしほうてん)」と呼ばれる榊をささげる儀式を親族代表と新郎新婦、仲人が行い、二礼二拍手一礼のあと親族が固めの杯を交わす、という流れで挙式がとり行われます。神前式で指輪の交換が行われるときには、玉串奉奠の後か三献の儀の後などに行われます。

基本的に新郎新婦の衣装は和装ですが、新婦が白無垢のほかの衣装を選ぶこともあり、黒引きの大振袖などが若い人を中心に人気が高くなっているようです。白無垢には、「角隠し」「綿帽子」と呼ばれる被り物をするのですが、その際かつらを利用するのが一般的です。しかし、最近ではかつらを利用せずにヘアスタイルを変えるだけというケースも多くなっているようです。

神前式の魅力

しっとりとした厳かな雰囲気の中行われる神前式の挙式では、気持が引きしまるような雰囲気が大変魅力的だと多くの人に好まれています。また、新郎新婦を挟んで、両側に親族が分かれて座り両家の顔を合わせながら挙式がおこなわれるため、新郎新婦の親族が新しい親戚を迎えるような一体感を感じることができるのが特徴です。また、雅楽の心地よい音色のなかで挙式が行えるのも、神前式や仏前式ならではの威力のひとつですよね。

神前式の場合は、結婚式場やホテルなどでも挙式をすることができますので同じ建物や隣接した会場で披露宴やパーティーができます。神社で挙式した場合でも、挙式の雰囲気そのままに披露宴を行える会場が設置されている場合があり、挙式を和装で行った後、お色直しの一部として内掛けやウェディングドレスで雰囲気を変えて楽しむことができるのも神前式結婚式の魅力といえます。

神前式のツボ!

神前式の結婚式を選ぶカップルの数が多いのは、神前式というスタイルが自分の結婚式にはぴったりだったということもあると思いますが、様々な面で和というスタイルが見直されていることで、新鮮なイメージがあるのかもしれません。

神前式の予算・費用

白無垢姿の新婦神前式は挙式のみを神社で行う場合などは、10万円前後の費用で行えるところが多いようです。ホテルや結婚式場で神前式の挙式を行う場合にもかかってくる費用はあまり変わらないのですが、ホテルや結婚式場の場合には披露宴のパーティーや食事会などとセットになっている場合もあり、セットのプランを利用した場合だと250万円程度の予算が必要になってくるところが多いようです。

大きな神社の場合には、衣装のレンタルや食事会・披露宴の会場などの設備が整っているところもありますし、中には、披露宴のお色直し用に色打掛やウェディングドレス、カラードレスなどの洋装の衣装が用意されているとこともあります。また、自分にゆかりや馴染みのあるような小さな会場を選ぶ場合には、衣装の貸し出しを行っていない場合もありますので、事前に確認して神前式用の白無垢をレンタルまたは購入する必要がある場合もあります。

神前式の内容・次第

神前式の結婚式では、挙式に友人などが出席することはあまりありません。中の良い友人や会社の同僚などは、挙式の後の披露宴やパーティーから参加してもらうという形式が一般的です。親族と新郎新婦の絆を結び、深めるという意味合いを持っている神前式結婚式は、心の結びつきを大切にしたいと考えている人たちに大変人気がある結婚式のスタイルです。

また、教会式のように友人知人に見守られながら、新郎新婦が愛の誓いをするのがちょっと恥ずかしい、という場合などには身内もしくは新婦のみの神前式挙式がぴったりかもしれませんね。神社によっては、祭事の時期と重なると挙式を行えない日もあるようですので、事前に挙式予定日を確認しておくことをおすすめします。