リゾートウェディング

白いビーチや緑豊かな高原など、自然に囲まれた場所で結婚式を挙げたい! という憧れがかなう結婚式と言えば”リゾートウェディング”ですよね。国内・国外にある様々なリゾート地で非日常的な素敵な空間の中、思い描いたリゾートウェディングを挙げれば、結婚式も一段と思い出深いものになることでしょう。国内では沖縄や軽井沢など人気ですが、憧れのリゾートウェディングを行うためには必要な予算や準備も大切になります。

リゾート地での結婚式って?

結婚式を普段の生活の場所から離れた場所で行う結婚式として最近特に人気があるのが、海や森に囲まれたリゾート地での結婚式です。リゾートウェディングを行う場所として、新郎新婦が出会った場所を選ばれることや新婚旅行とかねてリゾート地で結婚式を挙げるカップルなどもいます。

また、結婚式だけをリゾート地で行い、披露宴やパーティーは後日集まりやすい場所で行うというタイプのリゾートウェディングや、リゾートウェディングならではの写真だけを撮るというプランなどもあります。最近は、国内のリゾート地にも結婚式場が増えてきてそれぞれ地域の特色を生かした結婚式が挙げられるようです。

国内リゾートウェディングのプランでは…

高原日本国内のリゾートウェディングでは、沖縄や山梨・軽井沢・那須・伊豆などの高原が人気の高い場所ではないでしょうか。国内のリゾートウェディングでは、日本の特徴とも言える四季をたっぷり味わうことができるのも人気のひとつです。

北海道・軽井沢・信州など避暑地としても人気の高いリゾート地では、春から紅葉がきれいな秋ころまでがお勧めの時期です。

観光客も増えてしまうような那須高原や伊豆高原などでは、人の多い夏よりも春や秋といった季節を選んだほうがいいかもしれません。沖縄や九州といった暖かい場所のリゾートウェディングでは、基本的に一年を通してリゾートウェディングをあげることができますが、青い海や空を生かした結婚式にするためには、梅雨や台風の時期には気をつけたほうがいいかもしれませんね。

そういった面からも、国内のリゾートウェディングは春・秋が人気のシーズンになります。人気の結婚式場やチャペルなどは早めに予約しておきましょう。

海外リゾートウェディングのプランでは…

海外のリゾート地というと、アジア・ヨーロッパ・欧米など様々な場所があり、地域によって形式や特徴も違ってきます。アジアと中心とした海外のリゾート地では、日本ではあまり見かけないような地域色の強い伝統的な結婚式などを行うことができるところもあり、結婚式を通じて違った文化を知ることができるのも魅力といえます。

海外のリゾートウエディングまた、欧米やヨーロッパには歴史のあるチャペルなどが利用できることもあり、チャペルまでの移動が馬車やリムジンなど、まるでドラマや映画の主人公になったような気分を味わえるかもしれません。

ハネムーンでいきたいリゾート地が先に決まっている場合やなかなか仕事の休みが取れなくて結婚式と旅行両方の時間を作るのが難しい場合にはおすすめのウェディングスタイルではないでしょうか。

国によっては日本と時差や季節にずれがある場合もあります。雨季がある国などもありますので、その国の天候や観光シーズンも合わせて調べておくことが大切です。

リゾートウエディングのツボ!

リゾートウェディングでは、新郎・新婦が旅行に訪れた思い出の地や出会った場所などで結婚式を挙げたいという場合もありますが、あんなところで結婚式を挙げてみたい! と現地に行ったことがないカップルも多いようです。場所選びや注意点などをあげてみましたので、参考にしてくださいね。

リゾートウエディングの予算・費用

花束リゾートウェディングならではのガーデン形式や貸切りに近いようなハウスウエディングの場合、都内でのハウスウェディングと違い200万円前後の予算で行える場合もあり若干価格も低めと感じられるかもしれません。ただし、ここで気をつけなければいけないのは、招待客の交通費や宿泊費用のことです。国内のリゾートウェディングの場合、宿泊するほどの距離でなくても交通費は新郎・新婦側が負担するか、ご祝儀をいただかない、などの配慮が必要です。

そういったゲストにかかる費用のことを考えると予算や費用については、都内や近場の結婚式場で行うのとあまり差はない、もしくは若干高くなってしまうようです。

また、海外のリゾートウェディングは、結婚式の相談所以外にも旅行代理店を通して予約や結婚式の準備を進めていくこともあります。特にダイビングやスカイダイビングなど、リゾートウェディングでこれをしたい! という要望がある場合には相談所や旅行代理店の人に予算やできるかどうかを事前に確認してもらっておく必要があります。

リゾート地を決めるポイント

リゾートウェディングの場合、場所選びは重要なポイントになってきます。リゾート地はたいていの場合、自分たちの住んでいる地域からは離れた場所ですので気軽に何度も下見に行けない場合も多いでしょう。国内のリゾート地では、そういった人のために都内や比較的足を運びやすい場所に、リゾート地の詳細や情報を案内する会場が設けられているところや遠方から下見に来るカップルのために定期的にウェディングフェアーを行っている所も増えています。

また、海外や沖縄などの場合には実際一度も見学することができない場合もあります。現地に直接いけない場合でも、案内会場に何度も通って自分たちの意思をしっかり伝えるようにしましょう。実際現地に行ける場合でも、少ない下見の時間の中でチェックしておきたいポイントをあらかじめ決めておくのがポイントです。帰ってから、あそこも見ておけば…などとならないためにも、電話やインターネットを使って先に要望を伝えて、見積もりや詳細を聞いておくのもおすすめです。

早めに準備を始めているカップルは、週末や連休を利用してデート感覚で下見やフェアーに参加するのも楽しいですよ。