協会挙式

ウェディングドレスを着た花嫁がチャペルのバージンロードを進む…そんな教会式での挙式に憧れている方も多いのではないでしょうか。結婚式で行われる挙式の中でも特に人気が高いのが教会での挙式です。海外挙式では、チャペルでの挙式が多く扱われていますが、国内のホテルや結婚式場などにもデザインにこだわったチャペルが増えてきました。教会挙式を選ぶ新郎新婦が増えていますが、教会によってやってはいけないことや、衣装についても決まりがある場合もあります。憧れの結婚式を挙げるために、教会挙式について色々調べて、しっかり準備しておきたいですね。

教会での結婚式って?

純白のウェディングドレスで晴れの日を迎える、そんなチャペル・ウェディングに長年憧れてきた人も多いのではないでしょうか。国内にある一般的なホテルや結婚式場では、ほとんどの場合教会式の挙式を行うことができるようになっています。挙式を教会や海外のチャペルなどで行いたいと思っている場合には、教会の方針や決まりをまもらなければいけませんので、どういった挙式ができるのかを確認しておきましょう。

教会挙式の内容・次第

フェイスベール教会挙式に参加したことがある、またはテレビや雑誌などの情報源から挙式の大体の流れを知っている人も多いかもしれませんね。新婦がヴァージンロードを父親もしくはエスコートしてくれる男性とともにチャペルの中で待つ新郎のところまで進みます。このとき、新婦のベールはフェイスベールをおろした状態になります。マリアベールをつけている場合にはフェイスベールがないのでそのままです。

エスコート役の男性が、チャペルの中で待つ新郎に新婦を引き渡した後、賛美歌・聖書の朗読があります。新郎新婦は結婚の誓いをして反対がなければ、指輪の交換・誓いのキスをして結婚証明書または、婚姻届に署名をします。結婚証明書・婚姻届には結婚の証人となる人の署名の欄がありますので、証人となってくれる人にも署名をしてもらいます。

教会挙式の魅力

“教会挙式”での人気が高い一番の理由としては、やはりウェディングドレスやチャペルでの挙式に憧れる人が多いということではないでしょうか。また、教会での挙式には、新郎新婦の両親・親族以外の友人にも挙式に参加してもらうことができるのも魅力のひとつといえますよね。人前式のようにお世話になっている人や友人に立会人になってもらって結婚の誓いを行うことができるのはうれしいですよね。また、ハワイやグアムなど海外で行う挙式は、ほとんどの場合で教会挙式になります。海外の教会で挙式をしていると、通りすがりの人が立ち寄ってお祝いしてくれる、ということもあります。

国内にある多くのホテルや結婚式場には、教会挙式用のチャペルがありますのでそういった場所で挙式と披露宴を行う場合にはお色直しや写真撮影などがセットになったウェディングプランなどを利用できるのもうれしいですよね。また、一般の教会で挙式を行う場合には、聖歌隊やパイプオルガンなど教会独特の雰囲気が味わえる挙式を行うこともできます。一般の教会で挙式を挙げたい場合には、事前に教会に確認しておくことがおすすめです。

教会挙式のツボ!

教会挙式は、知名度も人気も高いのですが、教会によっては色々な決まりごとがある場合もあります。場合によっては、フラワーシャワー・ライスシャワーや挙式中の写真撮影をしてはいけないという場合などもありますので事前に確認しておきましょう。

教会挙式の予算・費用

ウエディングドレスとタキシード最近は、ホテルや結婚式場での挙式、またはハウスウェディングなどで教会挙式を行うことが多く、ウェディングプランや、結婚プロデュース会社などを通してウェディングプランナーと挙式や披露宴などの進行・演出を決めていくケースが増えているようです。

一般的な教会の場合もホテルなどのチャペルを利用する場合でも挙式だけの場合は10万円前後の挙式料がかかります。

教会挙式の場合、ウェディングドレスやタキシードなどの衣装をレンタル、もしくは購入することが多いため衣装代がかかってきます。披露宴と一緒に教会挙式を行う場合には、250〜300万円以上の費用がかかることもあります。

教会挙式のポイント

教会挙式というのは、基本的にキリスト教式の結婚式のことです。なんとなくウェディングドレスやチャペルに憧れている人でも、教会によっては信者でないカップルの挙式を受け付けていないこともあります。教会にはプロテスタントとカトリックがあり、ホテルや結婚式場の教会挙式はプロテスタントが一般的で、信者でない人の挙式でも幅広く受け入れてくれるというのが特徴です。カトリックの教会でも信者以外の挙式を受け入れる場合もありますが、挙式の前に決められた日数の講習を受けることが必要になることもあります。

また、基本的には挙式の際、肩が露出してしまうようなウェディングドレスはあまり好ましくありません。挙式で使用するウエディングドレスにビスチェなどを着たい場合には、挙式中だけはケープなどを羽織るようにするのがおすすめです。