自宅結婚式

みなさんは「自宅結婚式」というとどんな結婚式を想像するでしょうか? 私は時代劇で見かける「祝言(しゅうげん)」を思い出しますが、映画に出てくるような西洋式のウェディングパーティーもありまよね。ちょっと昔の日本では自宅で結婚式を行うことが一般的でしたが、最近の結婚式や披露宴はほとんどが、結婚式場やレストランなど自宅以外の場所で行われることが多いようです。個性的な結婚式というイメージを持っている人も多い自宅での結婚式ですが、日本では古くから行われている伝統的な結婚式のひとつなんですよ。

自宅で行う結婚式って?

最近は数多くの結婚式場があり、結婚式や披露宴といえばホテルや結婚式場で行うのが当たり前のようになっていますが、こういった習慣は明治から大正時代ころになって始まりました。それ以前は、自宅で形式にのっとった方法で結婚式が行われていました。地方によっては、結婚式の仕来りや内容に独特の風習がある場合もあります。

自宅結婚式の形式やスタイル・種類

懐剣と扇自宅での結婚式が一般的だったころには、新婦が新郎の家へ嫁ぐという形で行われることが多く、新郎の自宅に親戚が集まって行われるのが一般的でした。現在の神前式で行われる杯事(三々九度など)の形式にのっとって結婚式を行う、永島式と呼ばれる結婚式のスタイルです。媒酌人が新郎新婦を新しい家族として親戚の加えるための杯を交わす催しが中心です。

現在は、こうした自宅結婚式はほとんど行われなくなってきていますが、代わりにハウスウェディングと同じような感覚で、自宅に飾り付けやレストランからの料理を手配してアットホームな結婚式や披露パーティーをするというスタイルのほうが多くなってきているようです。

場合によっては牧師さんや神主さんを自宅に呼んで、挙式を行うケースもあります。慣れ親しんだ自宅で行う自宅結婚式は、結婚という人生の節目のイベントにはぴったりかもしれませんね。

自宅結婚式の魅力

自宅結婚式をする場合、新郎新婦どちらかの自宅というよりは、新郎新婦の新居で行われることが多いようです。結婚式や披露宴を自宅で行うと、その後友人たちが新居に遊びに気やすくなるというメリットがあります。なんといっても自分の自宅ですので、会場に費用がかかりません。その分飾り付けや演出、ウェディングドレスや料理などに予算を多く使えることも魅力のひとつではないでしょうか。

自宅での結婚式の場合には、ウェディングプロデュース会社などに依頼してウエディングプランナーに演出や料理・メイクなどの手配を頼むこともありますが、友人同士が協力して結婚式の準備を進めていくこともあります。結婚式の準備段階や、自宅でのアットホームな雰囲気は、新郎新婦と親族・友人の間に一体感を生み出します。参加者全員に思い出深い結婚式になるというのも、自宅結婚式ならではの魅力ではないでしょうか。

自宅結婚式のツボ!

自宅結婚式で形式にのっとった杯事を行う場合には、挨拶や結納の段階から色々な準備を進めていくケースが多いようです。昔からの伝統的な結婚式というのも、趣(おもむき)があっていいですよね。形式にこだわらす、ハウスウェディングスタイルで行う場合には、自分達が作り上げていく結婚式という意味でも気合が入るかもしれませんね。

自宅結婚式の予算・費用

祝儀袋自宅での結婚式は、会場費用が無料になります。会場の予約や使用料金としてかかる金額は、結婚式場を利用した場合だと30万〜50万程度はかかってきます。また、介添え人を頼まないケースも多く、そういった場合には介添え料もかかりません。

そういった面からも、比較的低い予算で結婚式を計画することができるのは自宅ならではのメリットですよね。ケータリングサービスやドレスのレンタルを含めても100万前後の予算で準備することも可能だと思います。

会場料がかからないというメリット生かして、料理や演出の費用を少し奮発して見るのもいいかもしれませんよ。また、ウエディングプランナーやプロデュース会社などを利用せず、必要に応じてプロの司会者やレンタルの家具を利用のもおすすめですが、上手く比較検討しておかないとかえって高い費用がかかってしまうこともありますので注意しましょう。

友人や知人に司会やカメラ、準備などを頼む場合には、ご祝儀などは遠慮したほうが良いでしょう。手伝ってくれた方たちには、心づけやお車代を渡すなど感謝の気持を忘れずに伝えたいですよね。

自宅結婚式のポイント

自宅での結婚式の場合、司会や進行役をしてくれる人との打ち合わせをしっかり行っておかないと、時間の制約がないためだらだらとした雰囲気になってしまうこともあります。ウエディングプランナーを利用しない場合には、友人や知人などかなり前から一緒に準備を進めておくのがお勧めです。また、ドレスの手配をするときに、親が使ったウェディングドレスや内掛け・白無垢などをリメイクして利用すれば、時間を越えた結婚式の思い出を作ることも可能ですよね。慣れ親しんだ思い出のものを演出として使うのも良いのではないでしょうか。