ガーデンウェディング

光をいっぱいに浴びた緑のガーデンで行われる開放的な結婚式や披露宴は、爽やかな雰囲気が新郎新婦を包み込んでくれます。小さなテラスに立った新郎新婦がゲストの集まる庭に降りてくると、パーティーはさらに和やかに盛り上がりをみせることでしょう。開放的なガーデンウェディングでは、披露宴や結婚式の形式も様々ですから、二人だけの結婚式をオリジナリティーたっぷりに演出することも可能ですよね。ガーデンウェディングならではのアイディアや演出も楽しんじゃいましょう!

ガーデンウェディングって?

最近よく耳にする「ガーデンウェディング」ですが、通常披露宴や人前式に利用されることが多いようです。天候に左右されてしま事もあるため、開閉式の屋根や開放感を失わないようにガラスの屋根をつけてあるところもあります。リゾートウェディングなど広い施設や自然の景観を生かした場所で行われることが多かったガーデンウェディングですが、最近は東京・大阪・京都・神戸などで都会的なイメージや地域の特色を生かしたガーデンウェディングができる場所も増えています。

ガーデンウェディングのプランでは…

開放的な庭ガーデンウェディングが行えるのは、ハウスウェディングタイプの結婚式場や貸切りにできるような個人宅など、広めの庭があるような挙式・披露宴会場が一般的です。今までは、結婚式場の庭は景色や光を入れるような役割が主でしたが、最近はガーデンウェディングの開放的な感じが人気を集めているため、多くの結婚式会場で庭を使ったガーデンウェディングができるようになっています。

ホテルの結婚式場などでは、ホテルの中庭を利用したガーデンウェディングを行える場合もありますし、ハウスウェディングのような貸切りにできるような式場やレストランではプールや噴水が設置されている庭などもあります。

室内の披露宴会場とガーデンウェディングを行う庭が自由に行き来できるようになっている場合には、室内で軽く食事を済ませた後に立食スタイルでデザートビュッフェを自由に楽しむことができる演出も可能です。また、広い庭を十分に生かし、庭にテーブルと椅子をセッティングしてオープンスタイルでのガーデンウェディングなども素敵ですよね。

ガーデンウェディングの魅力とは

ガーデンウェディングの最大の魅力はなんと言っても、あふれんばかりの太陽の光を浴びて開放感たっぷりのパーティーや結婚式が行えるということではないでしょうか。挙式を行わず、招待したゲスト全員が結婚の承認となる人前結婚式や披露宴を開放的なガーデンウェディング形式で行うことで新郎新婦とゲストが和やかな一体感を感じることができるのもガーデンウェディングの魅力のひとつです。

また、庭の印象も式場やレストランなどによって特徴があり、緑の芝生が目に鮮やかな庭や中世ヨーロッパの街並みを思わせるようなレンガ造りの庭など、自分の好みや演出に合わせて選んでみるのもいいですよね。明るい日差しの中で行われる、というイメージの強かったガーデンウェディングですが、最近はキャンドルやランプ、間接照明の明かりでロマンチックな雰囲気の「ナイトガーデンウェディング」ができるところも増えてきました。

プールが設置してあるところでは、花火を使ったサプライズな演出が可能なこともあります。星や月明かりに照らされるナイトガーデンウェディングは、昼とはまた一味違った魅力的な演出をしてくれるのではないでしょうか。

ガーデンウェディングのツボ!

ガーデンウェディングは新郎新婦とゲストの距離が近いこともあり、一体感がまれやすいのが特徴です。新郎新婦を祝福しに来てくれた親族や友人、仕事仲間などが一緒になって楽しめるような披露宴・結婚式にしたいという人にはぴったりですよね。

ガーデンウェディングの予算・費用

コサージュガーデンウェディングを行う場合には、ハウスウェディングやレストランウェディング形式、結婚式場の庭を利用できる場合、または自宅結婚式など会場によって費用や予算がかなり変わってきます。

また、いくつかの会場を持っている結婚式場では、ガーデンウエディングを行える会場が限られている場合もあり、結婚式場の中には、ガーデン使用料がオプションとして別料金になっている場合もあります。もともとガーデンウェディングがセットになっている場合でも、庭に出ての演出やビュッフェなどはオプションになる場合もありますので、ガーデンウェディングでどんな演出をしたいか、どんな使い方をするのかをしっかり決めておきましょう。

レストランやハウスウエディングの場合、貸切りでガーデンウェディングができるのが魅力ですが料金は場所によって様々ですが平均的にみて、200〜300万円の場合が多いようです。比較的安いレストランでのガーデンウェディングを行う場合には、衣装や演出を自分たちでセッティングする必要がある場合もあります。そういった場合の衣装レンタル代や花や飾りなどの手配は、ウェディングプランナーに相談して手配する場合と、自分で手配する場合では、費用や予算全体の仕上がりもかわってきます。そのため、自分たちでのセッティングを考えている人はより時間をかけてじっくりと検討したほうが良いでしょう。

ガーデンウェディングで気をつけたいこと

ガーデンウェディングは開放的な分季節を選びますし、天候に左右されやすいのが気になっている人も多いのではないでしょうか。急に天候が変わってしまった時にも対応できるように、屋外のみではなく室内での演出も準備しておくと安心です。ガーデンウェディングを行っているところでは、天候の状態にあわせ色々なサポートを行ってくれますので、事前に確認しておきましょう。また、屋根がある会場では屋根を使用したときの景観や状態などもチェックしておけば、いざ、というときにも安心です。

ガーデンウェディングでは、開放的な広い空間が魅力的ですので、リゾート地の結婚式場などではガーデンウェディングが可能な場所が多いようです。しかし、避暑地などでは季節によって思ったよりも気温が下がってしまうことがあります。庭に大型の暖房器具を設置することが可能な場合もありますが、ガーデンウェディングを中心に結婚式や披露宴を行いたいという場合には、春から初夏または秋の過ごしやすい時期を選ぶのがおすすめです。そのほかにも、招待した親族や友人の中に小さな子供がいたり年配の方がいる場合には、立食スタイルだときつい場合もありますので、招待客に合わせた配慮を心がけたいですね。

実際に式が行われる日取りが平日や休日かによっても周りの道路の混雑状況などが変わってくることもありますので、実際にガーデンウェディングが行われている様子などを見せてもらっておくとよりわかりやすいと思います。