仏前結婚式

「仏前結婚式」という形式の結婚式を知っていますか? 日本で古くから行われている結婚式のスタイルですが、最近では見かけることも少なくなってきました。ちょっと耳慣れない仏前結婚式ですが、厳格なイメージを持っている人も多いのではないでしょうか。仏前式の結婚式は、テレビなどの映像でもあまり見かけることはありませんので、仏前結婚式というものが良くわからないという人なども多いと思います。しかし、実際仏前式の結婚式を見てみると、趣(おもむき)がありイメージや考え方も自分にぴったりだという人も多いんですよ。

仏前結婚式って?

一般的に結婚式がしゅう教とも密接なかかわりがあることはみなさんご存知だと思います。特に最近の日本ではしゅう教を持たない人が増えてきたこともあり、宗教にこだわらずに結婚式を挙げる人が多くなってきました。仏前結婚式で式を挙げる人が少なくなった原因のひとつはそういった無宗教の人が関心を持ちにくかったことも原因のひとつとして考えられます。

仏前結婚式の内容・次第

お寺「仏前」という名前のとおりほとけの前で結婚式を行うため、仏前結婚式はお寺や自宅の仏壇の前で行われるのが一般的ですが、中にはホテルや結婚式場でも仏前式を扱っているところもあります。挙式には、新郎新婦と仲人・媒酌人だけの立会いで行われることや、新郎新婦とその親族のみの立会いで行われます。

仏前結婚式は仏教を信仰している場合に行われますが、新郎新婦もしくは家族が信こうする宗派によって、結婚式の次第が少しずつ違ってくることもあります。また、最近は無宗教のカップルでも、仏前結婚式の考え方に賛同した場合でもお寺に相談すれば宗派や宗教に関係なく、仏前結婚式を行ってくれるところも増えています。

式の中では、先祖への報告やじゅずの授与、誓杯などが行われます。じゅずの授与は、教会式の指輪の交換のようなものとも考えられていることもおおいのですが、自分達で指輪を交換したい場合などには指輪の交換を行うこともあります。

仏前結婚式の魅力

教会式と仏前式の結婚式大きく違うところは、新郎新婦が結婚を誓うのではなく結婚することをほとけと先祖に報告する、という形で行われることにあります。運命の人とは、生まれたときから赤い糸で結ばれている、などという話を聞いたことがある人もいると思いますが、まさに仏前式での「結婚」は、新郎と新婦が出会ったこと・結婚にいたったことをお互いの縁、つまり「因縁」と考えることが基本となっています。この「縁」を親や親族を含めた先祖に感謝することでお互いの縁を大切にする心を持ち続けよう、という考えで結婚式を行います。

仏前式の結婚式と同じように、子供が生まれた際にも子供との縁を感謝して報告の機会を設けたりもします。仏前式では、結婚のあり方、考え方に賛同する人も多く、魅力のひとつになっているようです。仏教を信仰していない場合でも、こういった考え方の結婚式が挙げたい! と仏前式の結婚式を挙げるカップルも増えてきているため、ひそかなブームになっているとも言われています。

仏前結婚式のツボ!

仏前式の結婚式の衣装は、一般的には神前式と同じような白無垢と羽織袴ですが、ウェディングドレスなどの洋装で行われることも珍しくありません。しかし、衣装のレンタルを行っているところが併設されていることは少ないので、結婚式に使用する衣装については寺院に相談するか自分で手配することが多いようです。

仏前結婚式の予算・費用

指輪挙式を取り扱っているお寺や寺院で行われることが多く、一般的に挙式料は10〜20万円程度のところが多いようです。しかし、この費用の中には衣装・着付け代や写真などは含まれていないため、別に手配することになります。衣装は和装でも洋装でもできる場合もありますが、和装のみのところもあるため確認してから衣装の手配をするようにしてください。

また、披露宴やパーティーが行える会場やレストランなどはありませんので披露宴を行う場合には、会場や料理にかかる費用が必要になってきます。ほとんどの場合、数珠の授与で使用されるじゅずについては費用の中に含まれていますが、じゅずのほかに指輪の交換を行う場合には、指輪を用意しておく必要があります。

仏前結婚式のポイント

仏前結婚式の場合、馴染みのある寺院やお寺、自宅の仏前で挙式を行うこともあります。地元の寺院や自宅の仏前で行う場合などは挙式後の披露宴の会場として、公共施設などを手配して比較的安い費用で利用することもできる場合があります。挙式と披露宴をあわせても低予算で行うことが可能な場合もありますので調べてみるのがおすすめです。

また、ホテルや結婚式場で仏前結婚式を行いたい場合には、会場選びの際仏前結婚式を扱っているかを事前に確認しておきましょう。神前式と仏前式では使用する道具や執り行う執行人も違いますので、神前式を扱っていても仏前式は扱っていないところもありますので注意してくださいね。