空中結婚式

個性的な結婚式のスタイルの人気が高くなってきているようですが、「空中結婚式」という結婚式のスタイルがあることをご存知でしょうか? 広い大空は、鳥のようには空を飛ぶことができない人間にとっては憧れの場所ですよね。そんな大空で新郎新婦が結婚を誓いあう「空中結婚式」とはどんな結婚式なのでしょうか。個性的な空中結婚式は、きっと他にはない、特別な結婚式になると思いますよ。

空中での結婚式って?

空中で行う結婚式といったらあなたはどんな結婚式を思い浮かべますか? また、空中結婚式はどんな所で行われているのでしょうか? ちょっと変わった結婚式のスタイルとして「バンジージャンプ」や「スカイダイビング」といった方法での結婚式を挙げる人もいるようです。

空中結婚式の内容・種類では…

気球大空を舞台に結婚式を行う場合、新郎新婦の趣味や出会ったきっかけ、二人の思い出など様々な理由があるようです。そのため、一言で「空中結婚式」といっても色々な種類があり、挙式のスタイルにも違いがあります。幅広い年代にも人気があるのは、気球に乗って上空で結婚の誓いや宣言を行う空中結婚式です。そのため、気球に証人になってもらう友人などと一緒に乗り込み上空で結婚証明書や婚姻届に署名することもあります。

また、かなり個性的なスタイルでは、バンジージャンプやスカイダイビングですが、ウェディングドレスやタキシードを着た上からパラシュートやバンジージャンプ用の命綱をつけて一緒に空中に飛び出します。この場合には、飛行機や台の上で結婚の宣言や誓いを行った後、新郎新婦が一緒に飛び出すというスタイルが多いようです。

これらの空中結婚式は海外で行われることが多く、ニュージーランドなどが有名です。挙式を行うプランの場合には、人前式やキリスト教式の挙式としても扱われることもあります。また、こういったタイプとは異なりますが空中庭園などで行う結婚式のことを空中結婚式と呼ぶこともあるようです。

空中結婚式の魅力

結婚式という人生の特別なイベントを、空中という特別な空間で行うことで、さらに特別なものにすることができるというのは、空中結婚式の大きな魅力といえます。また、上空や高い場所、というスリルを感じられる場所は、新郎新婦がより一体感を感じられるというのも特徴ですよね。

新郎新婦が出会ったきっかけが同じスカイダイビングクラブや気球の愛好家仲間ということで、結婚式を空中結婚式にするカップルもいます。そういった場合には、同じ趣味の仲間みんなで気球を飛ばしたり、スカイダイビングをしたりすることもあり、仲間内でも思い出深い結婚式にすることができるのではないでしょうか。

こういった空中結婚式には、もともと空中結婚式をする目的で海外挙式を選ぶカップルも多くいますが、ハネムーン中にアクティビティのひとつとして参加する人もいます。

空中結婚式のツボ!

結婚式の種類の中でもかなり個性的な結婚式といえる「空中結婚式」ですので、思いっきり楽しいイベントになるようにしっかり準備をして望みたいですよね。

空中結婚式の予算・費用

スカイダイビングスカイダイビングやバンジージャンプなどの空中結婚式は国内でも行っている所がありますが、海外ウェディングとしてウェディングプランナーや旅行代理店などで扱っているほうが数は多いかもしれません。そのため、海外挙式として手配してもらう場合が多いようですが、ウェディングプランや挙式とハネムーンのセットになっているような料金プランはほとんど利用できません。

ウェディングプランや海外挙式プランにオプションとして空中結婚式をつけることは可能かもしれませんが、保険に加入しなければいけない場合もあり通常より50〜100万円近く費用が高くなってしまうこともあります。

空中結婚式のポイント

バンジージャンプやスカイダイビングといった空中結婚式の場合、新郎新婦がウェディングドレスやモーニングなどの服装で行う場合が多いのですが、衣装が汚れるということで通常の衣装のレンタルをすることはできません。

バンジージャンプ・ウェディングやスカイダイビングウェディングプランなどが設定されている場合には、レンタル用の衣装が用意されている場合もありますが、サイズや種類は少ないと思っておいたほうがいいでしょう。衣装を着て空中結婚式をする場合には、事前に確認してレンタルできない場合には自分で衣装を準備するのがおすすめです。

気球での空中結婚式の場合には、衣装が汚れるという可能性が低くはなりますが、レンタルを行っているところは少ないのでウェディングプランナーなどに相談してみてくださいね。また、メイクやヘアスタイルのセットなどは自分で行うことになる場合が多いので、使用したい小物などは事前に準備していくのがポイントです。