結婚式の種類

ウェディングドレスでの教会挙式や純白の白無垢での神前挙式など、結婚式の種類にも色々ありますがあなたが思い描く結婚式はどんな結婚式ですか?新郎新婦にとってもその親や友人にとっても結婚式は特別なものですよね。最近行われている結婚式には本当に色々な種類や形式、それぞれにかかる費用などがあって、いったいどれがいいのか迷ってしまうことも多いはず…。新郎新婦はもちろん参加してくれるゲストにも思い出深い結婚式にするために、自分にぴったりの結婚式を見つけてくださいね!

結婚式の種類と歴史

結婚式とは新郎新婦が夫婦となって新しい家庭を築いていくための節目のイベントでもあり、お互いの気持を確かめ合う機会でもあり、親族や友人に紹介する場でもあります。6世紀以前の日本では、独自の結婚観があり結婚式という形式はなく、結婚の方法も宗教や道徳観に左右されることのないものでした。しかし、中国との交流が盛んに行われるようになると現在の結婚式のもとになったとも言われる婚礼の習慣が始まりました。

通い婚

婚礼の習慣が始まった当初は男性が女性の家に通う「通い婚」通い婚の際に女性の家を訪れた男性をもてなす現在の三々九度に当たる「三献の儀」が行われていました。この三献の儀は現在の神前式挙式でも行われています。また、男性が三日続けて女性のところに通い三日目の夜が明けた後、「ところあらわしの儀」という結婚を宣言、もしくは披露する儀式があり結婚が成立していました。男性が通っている三日間は「三日夜餅」という餅が男性女性に振舞われるのですが、女性の親族は男性が通ってきていることを「ところあらわしの儀」が行われるまで知らないふりをしていたそうです。もてなしておいて知らないフリをするというのも不思議ですよね。

婚礼

白い着物平安時代男性の通い婚もしくは男性が女性の家の婿になるのが一般的でしたが、鎌倉時代ころになると女性が男性の家に嫁として入ることが多くなりました。そのころから、しゅう教や道徳といった面を含めた婚礼についての作法や決まりができ始め、日本の結婚式の原型ともなる「祝言」が行われるようになりました。

祝言は一般的に、男性の家に女性が嫁ぐので男性の家で行われることが多く、はじめは新郎新婦となる男性と女性だけで行われる儀式でした。しかし、結婚する両家の間の家柄や力関係が祝言に現れるようになると、女性が嫁ぐときの嫁入り道具や引き出物などの品物の種類や数にも祝い事としての意味や決まりができました。

男性も女性も祝言の際には白い着物を着るという習慣でしたが、白新郎新婦の三献の儀が行われた後、親族に結婚を披露するときには色のついた着物に着替える「お色直し」が行われていました。室町時代以降には特に女性と男性の結婚というより家と家のつながりが重視されるようになってくることも多く、家の色に染まる、という意味があったのかもしれませんね。

結婚式

江戸時代ころには、祝言の形は現在の神前式と人前式を合わせたような形式の結婚式になっており、家族式の祝言とも言えます。現代の結婚式のスタイルが定着したのは、大正時代ころ神前式の結婚式が行われるようになってからです。西洋文化も広まり諸外国の婚礼の様子が伝わってくるようになると、国内にも教会やチャペルができるようになりました。

また、神前式に使用される道具や祭壇などを神社以外の場所に設置することで、ホテルや結婚式場などの場所で挙式と披露宴をすることができるようになりました。最近では、海外挙式や個性的な水中挙式など色々な結婚式が行われるようになっています。ハデな演出のハデ婚や質素に行う地味婚などその時々によって結婚式にも流行があるようです。

結婚式を挙げよう!

結婚式だけではなく、結婚には色々費用や時間、手間などがかかってくるのでとてもパワーがいると思います。楽しみながら準備を進めるように心がけ、たまには生き抜きもしてくださいね。

結婚式についてのポイント

結婚準備最近は、結婚式や挙式を行わず入籍だけという形を選択する人も増えていますが、実際結婚式や挙式を行うことで金銭的また社会的にどんな意味やメリットがあるのかを考えてみると結婚式をやらない意味やメリットもしっかりわかってくるかもしれません。十分にお互いが納得できるようにしっかり話し合うことをおすすめします。煮詰まってしまったり、困ったときには友人に相談したり息抜きをすることも、結婚準備には大切なことですよね。

また、結婚式を挙げる場合、挙式のスタイルや場所によってかなり金額がかわってきます。自分のイメージした結婚式がどういうものなのかを固めておきましょう。予算にあった内容や招待客の人数で結婚式を組み立てていくのは以外に難しいですよね。新郎新婦の実家が離れている場合などには親族の旅費などがかかってきます。親が援助を申し出てくれた場合には、ありがたく受けておいて結婚式が終わった後などにお礼として洋服や電化製品などをプレゼントすると感謝の気持も伝わりますし、喜んでもらえます。

挙式や披露宴にかかる費用

ウェディングプランなどで色々な料金がセットになっている場合も多くありますが、セットに含まれていないものなどもあります。セットプランを利用する場合には、どんなものが含まれていて、何が含まれていないのかをしっかり確認しましょう。料金の目安になるように参考にしてみてください。

挙式料

  • (教会挙式・神前挙式やプロの司会者を呼ぶ人前式の場合など)安いところで5万円〜
  • 一般的には10万円〜

披露宴会場料

  • 自宅結婚式の場合は無料
  • 結婚式場の場合は50万円〜
  • レストランウエディング・ハウスウェディングの場合20万円〜
  • (会場の予約金が発生する場合、予約金として5万円〜)

披露宴の料理

  • 一人10000円〜
  • ドリンク料金が別にかかる場合1人3000円〜

衣装

  • ウェディングドレスの場合(レンタル)15万円〜
  • オーダードレスの場合30万円〜
  • 男性用の衣装の場合8万円〜

ブーケ・飾り花

  • ブーケ50000万円〜
  • テーブル飾り花10000円〜

メイク・着付け

  • 洋装の場合5万円〜
  • 和装の場合7万円〜

写真

  • 集合写真もしくは新郎新婦のみの場合5万円〜
  • スナップ・アルバム写真20万円〜

司会者・介添人

  • 4万円〜

心づけ

  • 式場の方の場合3000円〜
  • 受付・カメラ・スピーチ・余興を頼んだ友人の場合5000〜3万円(もしくはご祝儀を受け取らない)

二次会

  • 女性5000円〜
  • 男性8000円〜
  • (一般的には会費制ですが、予定していた出席者が欠席した場合には新郎新婦が負担)